好きなときに好きな人と
好きな場所で好きなことをする人生
石垣島に移住した自遊人夫婦の
スピリチュアルLifeブログ
スピリチュアル

浅見帆帆子さん本「出逢う力」幸せの国の人たちは信じる力がすごい!

浅見帆帆子さんの本「出逢う力~世界を動かす神秘のルール~」には

必要な人・情報・モノを引き寄せる方法が、実体験を交えながら詳しく書かれています。

 

今回のテーマは「幸せの国の人たちは信じる力がすごい!」です。

 

幸せの国の人たち=精神レベルの高い人たち

幸せの国の人たちと、それ以外の人たちの違いは

「引き寄せの法則(宇宙の仕組み)をどこまで本気で信じているか」

という信頼度。

浅見帆帆子さんはこのように表現されています。

「引き寄せの法則」を心から信じることで・・・

あなたも私も、ますます運がよくなります!!!

浅見帆帆子さんはどんな人?

もしかすると浅見帆帆子さんについてあまりご存知ない方もいるかもしれないので、簡単にご説明させていただきます。

浅見帆帆子さんはどんな人でしょうか?

青山学院大学国際政経学部卒業後、ロンドンに留学、インテリアデザインを学ぶ。

帰国後は執筆活動に入り、「あなたは絶対!運がいい」「わかった!運がよくなるコツ」「毎日、ふと思う①~⑰」など、累計450万部超のベストセラーとなられています。

そのほか、絵本、旅エッセイなど著書多数。

近年、インテリアデザインや文具などのプロデュース、オリジナルジュエリーブランド「AMIRI」など、独自のライフスタイルが多くの女性から注目されている。

 

私が浅見帆帆子さんの本と出逢ったのは2011年。

ベストパートナーでもある心理カウンセラーのmasaさんから紹介してもらいました。

それからずっと大好きで、愛読書の「あなたは絶対!運がいい」を全部ノートに写したりしていました♪

一国のお姫様のような・・・外見の美しさにもうっとりしてしまいます♡

人との出逢いもそうだけど、一冊の本との出逢いもその人の人生を変えるパワーがありますね!

浅見帆帆子さん本「出逢う力」幸せの国の人たちは信じる力がすごい!

私自身、はじめて引き寄せの法則を知ったときは、「そういうこともあるだろうけれど、そうではないこともあるだろう」という程度の信頼度でした。

ところが、自分のまわりに起こることを注意深く観察するようになると、私が意識を向けたもの(その中で知らないうちに長く強く考えていたこと)は、それから数日のうちに必ず日常生活に引き寄せられて来ることがわかりました。

久しぶりにある人を思い出して、「どうしとるかな」としばらく考えていると、数日以内に必ずその人から連絡がある、あれが欲しいなと思っていると、それに関係ある看板や記事を見る(その看板はのれまでもそこにあったはずなのに、意識してはじめて目に入るのです)、あそこに行きたいなと思っていると、そのに行った人の話を聞くことになる…

小さなことですが、あまりにもタイミングが良く毎日のように起こると、「意識を向けたことがやって来る」なんていうことは当たり前に感じられます。

ちょっと思っているくらいでこの影響力ということは、本気でしっかり意識したこと、強く思ったことは、より確実に引き寄せられて来るということです。

ところが、強く思いたいこと、つまり本気で実現させたいことに関しては、それがかなうイメージをしながらも同時に心配してしまうのが人間です。

「〇〇になる(する)」とイメージしながら、真剣なあまり、「でも実現しなかったらどうしよう」など、実現と真逆ことを考えている時間が多い…

しかも本人はそれに気付いていないのです。

結果的に、実現するプラスのイメージと心配するマイナスのイメージと、両方のパワーが相殺されて、現実にはちっとも動きが出ないように感じられ、「引き寄せの法則はちっとも働いていない」と思ってしまうのです。

ところが、たとえば「ふと〇〇さんのことを考える」という思いにはマイナスの思いなどありません。

「電話がかかってこなかったらどうしよう」なんて思うはずもなく、ただその人のことを考えているだけです。

だから、純粋に力が強いのです。

このような、「何も色をつけずに、ただそれを思っているような考え方」をしているものは、確実に早く現実に現れます。

出典元:浅見帆帆子 著「出逢う力」P107〜P109を引用

浅見帆帆子さん本「出逢う力」純粋な思いが引き寄せる!

浅見帆帆子さんも「引き寄せの法則」を最初から完全に信頼していたわけじゃないいんですね。

ちょっと安心しました(笑)

そして同時に、「引き寄せの法則」を使いこなしている人たちは

心から宇宙の仕組みを信頼しきっている人たちなんだ

ということが分かり・・・

心底納得!!!

浅見帆帆子さん
浅見帆帆子さん
「何も色をつけずに、ただそれを思っているような考え方」は確実に早く現実に現れる

shizuの「かまくらシンクロ体験談」

2014年2月、東京で大雪が降りました。

その翌日、仕事の関係でどうしても出掛けなくてはいけなくて

まだまだ雪が積もっている道を、旦那さんと一緒にゆっくり歩きながら駅に向かいました。

九州出身の私は、こんなにたくさんの雪を見るのも珍しく、子どものようにワクワクしていました♪

雪を見慣れてないから、ワクワクしちゃう~♪

一度でいいから「かまくら」の中に入ってみたいな~。

雪で出来てるのに「かまくら」の中はあったかいらしいね。

不思議だね~。

そんなたわいもない会話をしながら、曲がり角をまがると…

 かまくらあるよ(笑)

入ってみたら♪

2人の目の前に、なんと念願の「かまくら」があったのです!!!

大人がすっぽり入れるくらいの大きさで、まさしく私イメージぴったりのものでした。

あまりのタイミングの良さに鳥肌が立ったのを覚えています。

現実化が早過ぎて笑っちゃう!

どなたが作った「かまくら」かわかりませんが・・・

おじゃまさせていただきます♪

ちゃんとご挨拶して入らせていただきました(笑)

 

私の「かまくらシンクロ体験」は

まさしく「何も色をつけずに、ただそれを思っているような考え方」だったので

超高速で現実化になったと思い込んでいます!

今でも不思議でちょっと笑えるシンクロ体験です。

このようなシンクロ体験が日常でひんぱんに起こるようになると

「引き寄せの法則」が働いているんだな~と

体験すればするほど確信が高まります。