好きなときに好きな人と
好きな場所で好きなことをする人生
石垣島に移住した自遊人夫婦の
スピリチュアルLifeブログ
南の島 体験談

【八重山体験談】男ひとり旅「与那国島」六畳ビーチがオススメ!!

今回のブログ記事では、masaのクライアントさんで、与那国島に行かれたリョウジさん(50代男性)の「与那国島体験談」をご紹介させていただきます。

リョウジさんが与那国島で食べた美味しいお店や、宿泊した民宿の感想もお聞きしましたので楽しんでいってくださいね。

【与那国島】男ひとり旅で20年ぶりの与那国島!

リョウジさん、こんにちは。
masaさん、こんにちは。
今日は「八重山体験談」の対談にご協力いただきまして、ありがとうございます。

とても楽しみにしてました!

よろしくお願いします。

私も楽しみにしてました。

こちらこそ、よろしくお願いします。

早速ですがリョウジさんはいつ頃、八重山諸島に行かれたんですか?
一人で、2019年6月に与那国島へ1泊2日で出かけました。
一人旅で与那国島に行かれたんですね♪

どうして与那国島行こうと思われたんですか?

20年前に行って以来ずっとご無沙汰していましたが…

石垣島で与那国島の食材を扱って居酒屋をやっていた人の話から「20年前と比べると与那国も随分と変わったもんだよ〜」という事を聞いて、「どんな風に変わったんだろうな?」というものを実際に見てみようと思いました。

この2月に会社員を辞めて時間が取れたので、1泊与那国、1泊那覇という予定で飛行機を探したところ、運よく飛行機・宿・レンタカー全てが揃ったので、もう一度島全体をぐるっと回ってみて、Drコトー診療所のロケ地も新たに見てみようと思いました。

【与那国島】六畳ビーチの美しさに酔いしれる!

リョウジさんは「与那国島」で一番印象に残ってる場所はどこですか?
一番印象に残ってる場所は、六畳ビーチです!

ネット上ではいろいろと情報が流れていますが、実際には「ここが六畳ビーチですよ!」という看板もなく、草むらの道を歩いていくことで発見。

その瞬間の見下ろす海の透明感と鮮やかさ、そして名前の通り六畳くらいしかない砂浜の白さのコントラストがとにかく素晴らしいです!

また、それは満潮の時の話であり、干潮の時には白い砂浜が大きく広がりますので、潮汐表で満潮干潮を調べながら行ってみると、同じ場所でも印象が大きく変わります。

自分の力と勘を働かせてポイントを見つけ出すという冒険心をかきたてられます。

与那国島は断崖と真っ青な海というのが特徴ですけど、この場所は数少ないエメラルドグリーンの海を眺められるのも良いところですね。

【与那国島】「食事処さとや」車海老そばが絶品!

リョウジさんがオススメする「与那国島」の美味しいお店ってどこですか?
「食事処さとや」です。

ここで車海老そばをいただきました。

すぐ近くに車海老の養殖場があるので、大きな車海老が与那国そばの上にドーンとのって出てきました。

スープの味が、車海老を割って味噌を入れたりしていくと徐々にダシが出てきてコクが出てくるので味の変化が楽しめます。

こちらは11時から開いているので、早い時間に入ればカウンター席でゆっくりと食べる事が出来ますし、すぐ横に民宿を併設していて便利ですし、夜は三線ライブをしながらの居酒屋になるという2つの楽しみ方が出来ます。

(写真:与那国観光WEB「食事処さとや」より)

【与那国島】「ゲストハウスFiesta」立地が最高!

リョウジさんは、与那国島のどこの宿に泊まりましたか?

もし良かったら宿泊先の「良かった点」「イマイチだった点」を教えてください。

ゲストハウスFiesta(フィエスタ)に宿泊しました。

星4つです★

良かった点は、祖納(そない)地区にあり、5分も歩けば共同売店に行けて一通りのものが揃うので立地が良いところですね。

たまたま別棟の個室が開いていたので、そちらを使うことができ、周りの人に気を遣う事もなく自分の時間を過ごす事が出来ました。

エアコンが無料で使え、共同のシャワー室やトイレも男性用、女性用と分かれてあるので利用しやすかったです。

イマイチだった点は、個室は中からカギをかけられるものの、外からはかけられないので、貴重品の管理は自己責任で行う必要があることがちょっと不便だったかな。

(写真:ゲストハウス Fiesta (フィエスタ)HPより)

【与那国島】これから行かれる方へメッセージ★

率直なご意見ありがとうございます。

実際に行かれた方の生の声は参考になりますもんね。

では、最後になりますが…

これから八重山諸島へ行かれる方へ、リョウジさんからメッセージをお願いします!

与那国島は、台湾まで111キロの位置にあり、ラジオも台湾の放送局ばかりが入るという不思議な感覚を味わうことが出来ます。

20年ぶりに行ってみましたが、公共工事のおかげで建物がきれいになったり、案内看板が充実しているといった変化くらいで、大きく観光地化されたというものは感じません。

各集落の共同売店は、独自の土産物を出していたり特徴がありますし、レジのおばちゃんと他愛ない会話をしたり出来るのもいいところです。

物価も、「あ、これが離島ならではのものなのか!」ということが分かります(ガソリンの価格であったり、物資は週2便の船がメインだったり)ので、人が少ないところでゆっくりしてみたいなという人におすすめの与那国島だと思います!

リョウジさん、素晴らしいメッセージをありがとうございます。

本日は「八重山体験談」の対談ご協力ありがとうございました〜!

これからもリョウジさんの人生を応援させていただきます。