好きなときに好きな人と
好きな場所で好きなことをする人生
石垣島に移住した自遊人夫婦の
スピリチュアルLifeブログ
沖縄本島

【沖縄旅行記】割引チケットでお得に行ける「美ら海水族館」

梅雨時期の6月「沖縄夫婦旅行」に行ってきました〜!

今回は、沖縄の人気観光スポット

美ら海水族館をご紹介させていただきます。

美ら海水族館といえば、大きなパノラマ水槽の中を雄大に泳ぐジンベイザメが有名ですよね。

他にも、マンタやウミガメ、色鮮やかな熱帯魚たちに出会える感動体験を味わえます。

初めての「美ら海水族館」を、思いっきり満喫してきました〜♪

【美ら海水族館】お得な割引チケットを買おう♪

事前に、ローソンで割引チケットを購入しました。

一人190円も安くなって、かなり得した気分♪

沖縄県内のローソン、ファミリーマートで割引チケットが販売しているので、コンビニに寄ってから向かいましょう。

他にも、「道の駅」にも売ってあるそうです♪

コンビニ割引チケット

・大人 1,850円→1,660円(190円お得!)
・中人(高校生) 1,230円→1,110円(120円お得!)
・小人(小・中学生) 610円→550円(60円お得!)
・家族券(大人2名・小人2名)4,920円→3,950円(970円お得!)

【美ら海水族館】アクセスや営業時間など

■住所:〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町字石川424

■電話:0980-48-3748

■アクセス:那覇空港から車で約2時間(高速道路利用)

■営業時間:
10月〜2月:8:30〜18:30(入館締切17:30)
3月〜9月:8:30〜20:00(入館締切19:00)

■休館日:12月第1水曜日とその翌日

■駐車場:あり(無料)

【美ら海水族館】駐車場から水族館入口まで少し歩くよ

レンタカーで行ったので、水族館に近い北ゲートの立体駐車場に停めました。

屋根付きの立体駐車場には、誘導してくださる係の方がいるので助かります。

水族館の入口にはジンベイザメの大きなモニュメントが!

駐車場から水族館への入口まで少しだけ歩きます。

天気が怪しい時は折り畳み傘を持っておくと安心ですよ。

私たちは帰りに大雨になり、雨が落ち着くまで出口付近で雨宿りしてました…

小雨になったところをダッシュで駐車場へと向かいました。。。

さぁ〜いよいよ水族館の中へ入って行きましょう♪

フロアマップで確認すると、水族館の入口はいきなり3Fからのスタートです。

3Fから1Fにゆっくりと降りていく動線が、海の浅瀬からだんだんと深海に潜っていくようなイメージで作られています。

自然な感じで海の世界に引き込まれていくんですね〜。

【美ら海水族館】タッチプールでヒトデに触ってみよう!

入口付近にあるのは、タッチプール。

イノー(沖縄の方言でサンゴ礁に囲まれた浅い海)の生き物たちに、実際に触れることができる体験スペースです。

プニュプニュ柔らかいのかなぁ?と思いながら、そぉ〜と水の中で触ってみましたが…

意外や意外、硬い感触でした!

それにしても、見事な星型ですね★

小さなお子様も安心して触れるので、子供たちに人気のコーナーです♪

(写真左上の黒い物体はなんやろう?)

【美ら海水族館】サンゴ礁とカワイイ熱帯魚

そのまま順路を進んでいくと、サンゴとそこに住む魚たちに出会えます。

これがまた美しくて、一瞬にして海の世界に入り込んでしまいます。

色鮮やかな熱帯魚たちに癒される〜。

ヒトヅラハリセンボン

よく見ると、目がハート型になってる♡

ハリセンボン科の中でも大型になる種類で成長すると全長50cmに達する。鋭い可動性の棘が全身を覆っていて、危険に遭遇すると胃に大量の水を飲み込んで体をふくらませ、棘を立ててイガグリ状になる。黒い模様の周囲が白く縁どられることで、ハリセンボンと見分けることができる。

ヒメテングハギ

独特な容姿の魚ですね!

駿河湾以南からインド、太平洋域に分布。サンゴ礁外縁でみられる。成魚の額の角状突起はこの仲間で最も長くなる。雑食性。全長50cmに達する。美味であるが、鮮度が落ちると独特の臭みが出る。

【美ら海水族館】熱帯魚の海でモグモグタイム♪

「熱帯魚の海」

色鮮やかな熱帯魚が泳ぐ様子を、さまざまな角度から観察できる水槽です。

ちょうど13時から、給餌時間が始まりました♪

餌が巻かれると、一気に魚たちが集まってくる様子が見られますよ〜!

ウミガメや大きな魚も一緒に食べてます。

水槽の隅っこにいる細長い魚は

ヘラヤガラ

みんなの勢いに圧倒されてか、前に進めないでいる姿がなんだかシュールで笑えてきます。

「ヘラヤガラ、行け!今だ!」って2人で応援してました(笑)

【美ら海水族館】チンアナゴとクラゲ

ニョロニョロ可愛いチンアナゴ

あっち向いたりこっち向いたり、体をぐにょーんって曲げたり…笑

いつまでも見てられる可愛い子たちです♡

これが本物のハブクラゲ

水槽のなかでは神秘的に見えますが…

この長い触手に猛毒があるんです!

こちらのクラゲ、名前は分かりませんが(汗)

ゆらゆら揺れながら優雅に泳いでいる姿に癒されました〜。

刺されるのは嫌だけど…。

【美ら海水族館】大パノラマ水槽「黒潮の海」

いよいよ大パノラマ水槽の

「黒潮の海」にやってきました!

海の中を悠々と泳ぎながら、マンタが近づいてきます。

サービス精神旺盛なマンタで、お腹の部分も見せてくれました。

羽を広げて飛ぶように、優雅に泳ぐんですね〜。

石垣の海でも生のマンタはまだ見たことないので、ぜひ見てみたいです♪

大パノラマ水槽の真正面に移動すると、

いきなりジンベイザメが近くに来てくれました♪

うわぁ〜想像以上に大きくて圧倒されてしまいます。


【美ら海水族館】海の中にいるような「アクアルーム」

こちらの「アクアルーム」は、頭上に魚たちを見ることができて、まるで海の中にいるような感覚になります。

差し込んでくる光がとっても神秘的。

ジンベイザメの真下から見上げるなんて、なかなか出来ませんよね!

2頭のサメがぴったりくっついて休憩していました♡

【美ら海水族館】謎に包まれた深海への旅

水族館の終盤は、深海への未知の世界が広がっています。

一番印象的だったのは、なんと言っても巨大なダイオウイカの標本!

近くで写真を撮ると、ちょっとグロテスクだったので遠目からパチリ。

なかなか近くで見ることができないから、最後まで貴重な体験ができました!

沖縄には何度か行ったことがあったけど、美ら海水族館は初めてだったので、念願叶って嬉しいです♪

全長8メートルの巨大ジンベイザメには圧倒されっぱなしで、とっても感動しました!

旦那さんのmasaさんは、動物園や水族館などあんまり興味ないのかなぁ?って思ってて、

今回は私のリクエストに付き合ってもらったんですが…

私以上に感動していて、写真や動画を撮りまくってくれました(笑)

大人から子供まで、たくさんの人々を感動させてくれる壮大な海の世界が広がっています。

ぜひ沖縄旅行の際には「美ら海水族館」に行って感動体験を存分に味わってみてください♪